セルフリノベーション工事  ワークショップ1日目


5/27(土)、28(日)の2日間で、暮らし体験モニターとして二宮団地を2地域居住の拠点としてくれる、大井さんのお部屋のセルフリノベーション工事を行いました。

今回はDIYではなく、DITで工事を行います。

 

DIT?

 

今回のセルフリノベーション工事は二宮町の(株)KUMIKI PROJECTにご協力いただいて、ワークショップ形式で行っています。
DITはKUMIKI PROJECTが提唱する、
"Doing It Together"
です。
自分自身でつくるDIYではなく、みんなで楽しみながらつくります。

初日は壁・天井の塗装、2日目は和室床のフローリング化とテーブルづくりを行います。

今回の工事に参加いただくのはKUMIKI PROJECTの募集に応募いただいた方。

ちなみに、募集開始後、すぐに定員に達してしまったそうです。
KUMIKI PROJECTのくわばらさんの司会でワークショップ開始。
自己紹介などを終え、まずは養生作業。

養生作業はとても面倒で手がかかりますが、塗装の仕上がりはほぼ養生に掛かっています。(くわばらさん談)

併せて、塗装する面もはがれた塗装を落としたり、ひび割れを埋めたりと、みんなで手分けして作業は進みます。

ようやく塗装に入ります。

通常、塗装する下地にシーラーなどを塗りますが、今回は直接塗料を塗っていきます。

 

プロにお願いして、完成度を上げるのではなく、素人で集まって楽しく作業する方をとっているので、

お住まいになる方がおおらかでないと厳しいかもしれませんね。

 

さて、壁と天井がすっかり白くなりましたが……。

 

せっかくのセルフリノベーション。

公社の工事とは違うオリジナリティをいれましょう。

 

ということで、玄関正面にはチョークペイント(乾くと黒板状になりチョークで書けます)、

和室は2トーンにします。

 

くわばらさんから、

「ただの2トーンではなくデザインを入れましょう。」

と言われた大井さん、昼休み中ずーっと考えてましたね。

 

 

まずはチョークペイント。

 玄関ドアを開けた正面をここ二宮町の名産品、ミカンの色をした黒板にします。

続いては(実際は並行作業ですが)、和室の2トーン塗装。

 

 

 

最後にマスキングテープをはがしていきます。

 

壁には富士山のシルエットが。

ちなみにこの部屋は富士山と海が見える部屋なんです。

部屋の中にも富士山が。

 

この日見えた富士山。この季節にしてはよく見えました。
この日見えた富士山。この季節にしてはよく見えました。

 

 

 

最後に記念撮影をして、1日目の作業終了です。

2日目はフローリングの工事を行います。