暮らし二宮

記事一覧(26)

#25 団地から20分車を走らせればそこには山も温泉もあるんです。秦野へ遊びに行く。

#19 二宮から北西へ〜足柄、山北で心を癒す〜

【岸田壮史】こんにちは、普段はセルフリノベーションをした二宮団地の部屋でデスクワークを程よくやっているのですが、現場に設計と年末のバタバタ(+サーフィン三昧のつけ)が相まって、仕事がものすごく立て込んでしまいました。身体は丈夫にできているようなので、変調はないのですが、精神がやられてしまいそうだったので、ここは思い切って精神の滋養をつけるためにちょっと時間をとろうと決めました。そうなるとやっぱり『西』、そんな時はとにかく山も海もある神奈川の西へこのあたりの人は向かうのです(前回の福井さんの記事もそうですね)。湘南のきらびやかさの溢れる「東」では40手前のおっさんの精神は癒せないのです。今回は神奈川の北西までの小旅行。西のメジャースポットの箱根に比べたらだいぶ渋めですが、中々良いところがあるんです。まずは団地から車を走らせること30分、木材工房あしがらさんへ。ここは神奈川県産の木が集まる場所で、チョウハシさんに以前教えてもらいここに初めて伺って以来のおつきあい。私の部屋のフローリング、棚の杉もこちらで加工をしてもらったものです。社長の小高さんも当然ながら木を知り尽くしている方なので、生活、仕事に活かせるようにこうしてたまに伺ってお話を聞くようにさせてもらっているのです。

#17 二宮お魚事情

【岸田壮史】こんにちは。何度かここでも書かせてもらっているのですが、私は埼玉で育ち、30年以上埼玉で暮らし、ここ神奈川に来たのはここ3年くらいの話。神奈川で暮らし始めてから薄々感じていて、二宮で暮らしてから確信に変わったことが・・・海沿いは魚がうまい。もうこれは間違いない。 埼玉の名物を聞かれることがあるのですが、思いつくのはゼリーフライという、コロッケの中身をパン粉をつけずに素揚げするという、コロッケでいいのではと思えるような、謎であり「どこまでも陸」な食べ物くらいしか思いつかないのです。食に関して陸どころか砂漠とも言えるような場所で育ってきたので、ここでの暮らしに一本筋の通った食があることは本当に喜ばしいことなのです。 もちろん美味しい魚を取り扱う魚屋も二宮団地周辺には数多くあり、今回はその魚屋を紹介させていただきます。 まずは二宮に店舗がいくつかある老舗魚屋「魚三」さん。私が伺った店舗は「ブーランジェリーヤマシタ」さん、「わたなべの落花生」さんのある通りをまっすぐ行ったところにある店舗。お店には美味しそうなかまぼこや、魚の天ぷらなどが並び、惣菜屋としても利用できそうです。オススメをお伺いすると、すぐにマグロをオススメされました。確かにショーケースには美味しそうなマグロの柵が並んでおり、「魚三といえばマグロ」そんな魚屋さんらしいです(店主談)。鯵の刺身と中トロで2000円ちょっと豪華な夕ご飯でした。「魚三支点」 二宮町中里1072−5