暮らし二宮

記事一覧(35)

#29 これで団地も寒くない!二宮団地で断熱ワークショップ

【岸田壮史】こんにちは、寒さの厳しい2月の上旬に、二宮団地の一室を使い断熱ワークショップが開催されました。今回はその話について書かせてもらいます。約50年前に建てられた二宮団地、その断熱仕様は無断熱。 冬はやっぱり寒いのです。そして、石油ストーブに火をつければ結露が現れてきます。結露を予測して北側の壁を漆喰塗りにしましたが、吸い込みきれないこともあります。そんな中、二宮(一色小学校区地域再生協議会)の空き家再生プロジェクトの一環として、断熱ワークショップが開催されました。内容は北側壁の断熱と、内窓の製作、断熱ブラインドの取り付けです。私はサポート役として参加者の皆さんの施工をするにあたっての工具の使い方や施工の手順をレクチャーさせてもらいました。◇断熱ブラインドを入れる断熱ブラインドは寒々としたアルミの窓に設置、杉の木枠と相まってとても雰囲気が良い。断熱ブラインドは断面を見てわかるようにハニカム型の空気層が断熱をしてくれるため、夏は暑さを通しづらく、冬は室内のあったまった空気を逃しづらいという優れものなのです。窓枠内の寸法で特注できるもので、インパクトドライバーが一つあれば取り付けられるため、簡単にDIYでできながら効果も絶大な断熱方法なのです。

#25 団地から20分車を走らせればそこには山も温泉もあるんです。秦野へ遊びに行く。