もち米の脱穀をしました


稲刈り体験イベントで子供達が一生懸命
刈り取ってくれた稲の脱穀を行いました。

イベントの様子はこちらです。

 

今回はイノシシ被害の影響で収穫量が少なかったため、
脱穀作業は田んぼで行わず、農家の方の自宅まで稲を運びました。

田んぼにはまたまたイノシシの足跡が・・・

干していた稲を狙って来たのでしょうか。

網をかけておいてよかった・・・


この量の束が7束ほど出来ました。

「脱穀」とは穂から実をはずして粒にするまでのことを言います。
脱穀機に稲束を入れていきます。

左から稲束を入れると、外れた実は手前の袋に。
残りの藁は右へ排出されます。

15分ほどで脱穀作業は完了しました。
この状態が「籾(もみ)」と呼ばれます。

殻付きで、種子としての機能が残っており、
これを種蒔すると発芽してふたたび稲になるんだそうです。

持ち上げてみた感覚では約3㎏ほどの量が取れました。
ちょっぴり残念な収穫量ではありますが、
自分たちで育てた稲から取れたと思うと嬉しいですね。

脱穀機で行える作業はここまでです。

 

私たちが食べているもち米にするには、
籾殻(もみがら)を落として玄米にして、←籾すり
玄米の表面を削るともち米になります。←精米

籾すりの作業は量が少なすぎる為、機械に通せないとのこと。
手作業でやることも考えましたが、

収穫量が少なく、イベントを行うほどの量はないので、

来年の種モミにしようか、という感じです。


 

 


田んぼから稲がなくなったことで田んぼのカカシは任務完了となりました!
寒かったろうに・・・お疲れさま~。

二宮団地再編プロジェクト kjk-ninomiya.com
二宮団地への入居はこちらから
公社の賃貸 www.kousha-chintai.com
二宮団地以外の公社の賃貸住宅はこちらから
団地未来 www.danchimirai.com
公社の団地再生の取り組み
神奈川県住宅供給公社 www.kanagawa-jk.or.jp
神奈川県住宅供給公社インデックス
YADOKARI×二宮団地
二宮団地でもっとくらしを面白く!
湘南西先端(さいせんたん) 二宮スタイル
2016.11.20に放映された番組が視聴いただけます。
ニーノとミーヤのおうち記念日
二宮町PRキャラクター「ニーノとミーヤ」のアニメ
一色小学校区地域再生協議会
一色小学校区地域再生協議会
古民家 ふるさとの家
古民家 ふるさとの家

 

Facebook
Facebookページでも情報発信しています。

本社
〒231-8510

横浜市中区日本大通33番地
Tel: (045) 651-1854

 

二宮団地現地事務所
〒259-0133

中郡二宮町百合が丘2丁目2-1 2階
Tel:(0463)80-9800

■営業時間:平日午前9時〜午後5時

 ただし、毎週水・金曜日の午後は巡回等のため、

 不在となります。

■定休日:土・日・祝日

 

http://www.kanagawa-jk.or.jp