水田の草むしりを行いました


7/1に小竹の水田の草むしりを行いました。
ここは先月、田植え体験でもち米の苗を植えた水田です。
その時の写真がこちら


写真では分かりづらいですが苗が綺麗に並んでいます。
みなさんが一致団結して植えた苗は約1ヶ月でだいぶ成長しました!
それと同時に雑草も・・・


なんてことに~!!
30センチ間隔で植えたので本来であれば隙間があるはすが、
その間を雑草が生い茂り、どれが苗なのか分からないほどになっています。
生い茂っているのは、「コナギ」という植物です。
(コケもありますがそれは問題無しとのこと)


気合を入れて職員4名で田んぼに入ります!

湧き水の近くは冷たい水が張っていましたが、
遠のくにつれて水がお風呂のような温度になり、
ほとんど表面が干上がってる場所もありました。

冷たい水が張っている場所よりも、温度が高い場所のほうが育ちが早い気がします。

草むしりとはいいましたが、抜いた草を捨てていくのは大変なので、
田んぼにそのまま埋めていきます。
 
畑と比べて少ない力でも引っこ抜けますが、
なんといっても姿勢がツライ・・・

太ももと腰にとても負担が掛かります。

 


田んぼにはたくさん、おたまじゃくしやカエルがいました。
おたまじゃくしからカエルになりかけの子などレアな姿を見ることが出来ました。

逃げ惑うカエルたちに ごめんね~ と言いつつ
泥んこになりながら作業を進めていきます。

そして、なんとか約1時間半で終わらせることが出来ました!

本日の成果
Before

After




はじめは雑草やコケで稲との区別がつかないほどでしたが、
きちんと間隔も空いて、稲の高さも分かりやすくなりました!

あんなに雑草が生い茂るとは想定外で驚きましたが、
綺麗になった水田を見ると達成感がありますね。

田んぼ管理に協力いただいている近隣農家の小澤さんから以前聞いた話。
「米」という字は分解すると「八」と「十」と「八」に分けることができます。
つまり「八十八」。
このことからお米を作る為には八十八もの手順や手間がかかると言われています。

農業用機械や化学肥料の進歩によって昔と比べると農業の負担は大きく減ったように感じますが、
今回の草むしりのようにまだまだ大変な作業も多く、手間がかかります。

私たちが美味しいお米を食べられているのは、様々な工夫や手間があってこそなのですね。

お米の名前、一つ一つにも意味があるようなので、
興味がある方は調べてみていただくと面白いと思います!



二宮団地再編プロジェクト kjk-ninomiya.com
二宮団地への入居はこちらから
公社の賃貸 www.kousha-chintai.com
二宮団地以外の公社の賃貸住宅はこちらから
団地未来 www.danchimirai.com
公社の団地再生の取り組み
神奈川県住宅供給公社 www.kanagawa-jk.or.jp
神奈川県住宅供給公社インデックス
YADOKARI×二宮団地
二宮団地でもっとくらしを面白く!
湘南西先端(さいせんたん) 二宮スタイル
2016.11.20に放映された番組が視聴いただけます。
ニーノとミーヤのおうち記念日
二宮町PRキャラクター「ニーノとミーヤ」のアニメ
一色小学校区地域再生協議会
一色小学校区地域再生協議会
古民家 ふるさとの家
古民家 ふるさとの家

 

Facebook
Facebookページでも情報発信しています。

本社
〒231-8510

横浜市中区日本大通33番地
Tel: (045) 651-1854

 

二宮団地現地事務所
〒259-0133

中郡二宮町百合が丘2丁目2-1 2階
Tel:(0463)80-9800

■営業時間:平日午前9時〜午後5時

 ただし、毎週水・金曜日の午後は巡回等のため、

 不在となります。

■定休日:土・日・祝日

 

http://www.kanagawa-jk.or.jp